大田市では現在、山陰道仁摩・石見銀山インターチェンジの出入口正面において、道の駅の整備を進めています。    

この「仁摩道の駅(仮称)」は、大田市の産業振興、地域振興の拠点として、また地元高校等と連携した人材育成の場としての活用も視野に入れ整備するもので、平成33年春の開業を目指しています。  

今回、この道の駅の駅長候補を公募し、開業までの間、大田市の任期付職員として採用したいと考えています。

民間企業等で培った知識や経験を、熱意を持って大田市の地域振興へ活かしてみませんか!

 

詳しくはこちら(大田市ホームページ)