龍源寺間歩の園路をリニューアルしました。

 

 石見銀山遺跡の公開坑道である龍源寺間歩の入口と出口の園路は今まで舗装が剥げ、非常に歩きにくい状況でした。また、車いすや杖を使用されるお客さまの歩行にも支障がありました。そこで「しまねグリーン製品利活用促進モデル実証事業」を活用し、本来なら廃棄物となる規格外品の瓦をリサイクルした「しまねグリーン製品」である瓦ックファルト舗装と瓦ックリート舗装を施し、今年3月に園路のバリアフリー化が完了しました。
 来訪される皆さまには、これまでより歩きやすくなった園路を利用して、一層楽しんでいただけます。ぜひ、お越しください。
 また、龍源寺間歩を石見銀山遺跡の歴史学習だけではなく、環境問題の啓発活動の場としてもご活用ください。

 

詳しくはこちら(大田市ホームページ)