歴史的な町並みの景観を構成する建物の外観は市民共有の財産という考え方にたち、町並み保存条例では、保存地区の中での家の修繕、増改築、新築などは市の許可が必要となっています。

 

詳しくはこちら(大田市ホームページ)